Q1.台本を読んで最初に思ったことは何ですか?

 

A.素晴らしい役を頂けたことへの感謝の気持ちから

  始まり、いろいろ震えました。【北田】

A.この活字がどのように舞台の上で踊りだすのか

  楽しみだと思いました。【川合】

Q2.今作品をどのように作っていきたいですか?

 

A.人間は「こうありたい」と望んでもなかなか

  うまく生きられませんが、一人ひとりがかけ

  がえのない存在であるからこそ、役の人々の

  人生をしっかり表現していきたい。【森田】

A.コミュニケーションや話し合いを重ねて、

  よりよい舞台にしたいです。【川合】

 

Q3.役を演じるにあたって、日常で気を付けている・心掛けていることは何かありますか?

 

A.自然体で、身体の重心をしっかり、力まず。

 【鍛冶】

A.役の人物背景を自叙伝的に文章化しました。

  身体作りとして毎日走り込んでいます。【川合】

Q4.現段階での自分に必要と感じる課題は

   何かありますか?

 

A.呼吸を含め、ニュートラル状態で体全体を

  活用できる表現をし、ちゃんと旅をしてい

  る演技です。【大佛】

A.きちんと相手との関係・繋がりを意識した上で

  会話をすることです。【北田】

 

Q5.稽古を重ねていく中で楽しみなことは何ですか?

 

A.自身やシーンの課題がはっきりしてくることと、

  周囲からの刺激による相乗効果です。【大佛】

A.やればできるという力が徐々に感じられるところ

  です。【鍛冶】

Q6.今作品の見どころは?

 

A.謎解きとともに明らかになる人々の心です。

 【森田】

A.TVのような画面編集なしでサスペンスを

  楽しめるところですね。【鍛冶】

 

Q7.本番へ向けて一言!

 

A.おばちゃんパワーを見せまっせーっ!【森田】

A.自分に出せるパフォーマンスの質を少しでも

  高めて披露できるよう頑張ります!【北田】